トランスミッター TT-BA09【aptX-LL/低遅延光/デジタル接続/送信受信両用】

トランスミッターモードで2台同時接続!!

二つのヘッドホンを同時に繋いで音楽を共有

  1. 前述の方法でトランスミッターを最初のオーディオ機器とペアリングします。
  2. 最初のオーディオ機器をオフにして、トランスミッターの電源ボタンを2回押して2台目のオーディオ機器とペアリングします。
  3. 最初のオーディオ機器をオンにして、約10秒ほどでペアリングが完了します。
  4. 二人で映画を満喫しましょう。
  • TXモードで、Bluetoothデバイス(イヤホン/スピーカー)が2台同時接続可能で、2台同時再生も可能です。
  • RXモードで、2台のBluetoothデバイス(スマホ/タブレット)に同時接続ができます。(音楽を再生できるのは1台のみです。もう一台を再生したい時は、一つをストップしてください)

 

Amazonから購入

商品カテゴリー: ,

説明

トランスミッターモード(TX)

テレビなどに接続し、Bluetoothヘッドホンで鑑賞

  1. TXモードに設定し、テレビなどBluetooth機能のないオーディオ機器に接続します。
  2. Bluetoothイヤホンなどをトランスミッターの近くに置き、ペアリングモードにします。
  3. トランスミッターをオンにした後、電源ボタンを2回押してペアリングモードに入り、約10秒ほどで、お互いにペアリングが完了します。(一度ペアリングした後、モード変更をしない限り電源をONにするだけで自動で前回接続した端末に接続します。)
  • 【 競合商品の妨害について 】 現在、同業者の営業妨害により ☆1 ☆2を連日投稿される被害を受けており、現在調査機関に依頼をかけ、犯人の特定を行なっております。
  • ※一部のテレビ機種では機能制限により、光ケーブルで接続する場合に音量調整できない可能性があります。ご購入前に、一度テレビメーカーへご確認下さい。
  • ※充電しながら使用する場合はUSB充電器での充電がおすすめです。
  • ※Fiio BTR1Kと相性が悪くてaptx/aptx-llにならない可能性があることを、予めご了承ください。

 

レシーバーモード(RX)

有線スピーカーなどに接続し、スマホなどの音楽を無線で楽しめる

  1. RXモードに設定し、有線イヤホンなどBluetooth機能のないオーディオ機器を本機に接続します。
  2. レシーバーをオンにした後、電源ボタンを2回押してペアリングモードに入ります。
  3. スマホなどのBluetooth機能を有効にし、表示された「TaoTronics TT-BA09」をタップしてペアリングします。

(一度ペアリングした後、モード変更をしない限り電源をONにするだけで自動で前回接続した端末に接続します。)

 

トランスミッターモードで2台同時接続

二つのヘッドホンを同時に繋いで音楽を共有

  1. 前述の方法でトランスミッターを最初のオーディオ機器とペアリングします。
  2. 最初のオーディオ機器をオフにして、トランスミッターの電源ボタンを2回押して2台目のオーディオ機器とペアリングします。
  3. 最初のオーディオ機器をオンにして、約10秒ほどでペアリングが完了します。
  4. 二人で映画を満喫しましょう。
  • TXモードで、Bluetoothデバイス(イヤホン/スピーカー)が2台同時接続可能で、2台同時再生も可能です。
  • RXモードで、2台のBluetoothデバイス(スマホ/タブレット)に同時接続ができます。(音楽を再生できるのは1台のみです。もう一台を再生したい時は、一つをストップしてください)

 

【Bluetooth 5.0 & aptx LL】

最新のBluetooth 5.0チップを採用し、消費電力を低減する上に転送速度が旧バージョンより一層早くなり、aptXとaptX-LLコーデックで卓越したオーディオ、低レイテンシーを実現し、映画を見る時、音声の遅延などは感じず楽しむことができます。対応コーデック:TX:aptX LL、aptX、sbc ;RX:sbc

【光デジタル接続方式に対応】

よりよい音質を実現するために、テレビやプロジェクターなど光デジタル端子の接続口がある機器は、光デジタルケーブルの利用をおすすめします。さらに高品質・低遅延・安定のオーディオによりお気に入りの音楽、映画などを楽しむことができます。その他、3.5mmオーディオケーブル、RCA(オス)変換ケーブルでの接続にも対応しています。

【簡単接続】

📺送信モード(TX):Bluetooth接続に対応していないテレビなどの音源を簡単にワイヤレス化させ、Bluetoothイヤホンで流します。二人で音楽を聞きたい時は2台同時接続にも対応しています。🎧受信モード(RX):有線イヤホン・スピーカなどを無線接続したい時、レシーバーモードを通して瞬時にワイヤレスになり、Bluetooth搭載のスマホなどの音楽を無線で楽しめます。通信距離:約13m

【約15時間使用可能 & 目に優しいデザイン】

大容量バッテリーが内蔵して、約15時間の連続使用ができます。過充電保護機能が付いております。そして、一度ペアリングした後、モード変更をしない限り電源をONにするだけで自動で前回接続した端末に接続します。LEDインジケーターを底部に設置するデザインを採用し、夜にテレビを見る際、目に優しくて目立ちません。

【サポート・パッケージ内容】

サポート:TaoTronics製品はご購入日から12か月間+18か月間(製品登録後)の国内安心保証を提供します。製品使用中、何かございましたら、是非お気軽く店舗TaoTronicsカスタマーサポートまでご連絡ください。早急に対応致します。

技適認証済み:電波法令の技術基準に適合して、技適マークを取得しましたので、安心してご利用いただけます。

パッケージ内容:本体、光デジタルケーブル、3.5mmオーディオケーブル、3.5mm(メス)—RCA(オス)変換ケーブル、Micro USB充電ケーブル、取扱説明書。

 

TaoTronics
aptX LL 低遅延 Bluetooth
トランスミッター & レシーバー TT-BA09

 

仕様

Bluetooth バージョン: Bluetooth 5.0
Bluetooth プロファイル: A2DP、AVRCP
Bluetooth コーデック: TX)aptX LL、aptX、SBC、Faststream; RX)SBC
接続方式:光デジタルケーブル接続、3.5mmオーディオケーブル接続、3.5mm(メス)—RCA(オス)変換ケーブル接続
使用時間:最大15時間(充電:約2時間)
同時接続: 2台
その他:
RXモード:通信がない状態が約10分続いたら、本機の電源を自動的にオフにします。
TXモード:通信がない状態で、Bluetoothデバイスの電源を入れるとまた自動的にペアリングします。

 

リセット方法

※一度本製品の電源を消し10秒してから切り替えるようにしてください。TX/RXモードの切替によって、ペアリングされた記憶がすべて消えます。
1.電源をoffにします。(10秒してから2)
2.側面のスイッチでモードを切り替えます。
3.電源を入れます。
4.電源をoffにします。(10秒してから5)
5.側面のスイッチでこの前のモードに切り替えます。
6.最初からペアリング手順をやり直します。

 

LEDランプの状態

・青2回点滅:電源ON
・赤2回点滅:電源OFF
・赤と青相互点滅:ペアリング中
・青1秒置きに点滅:ペアリングされていない待機中の意味
・青点灯:ペアリング完了
・赤点滅:充電残量不足
・赤点灯:充電中
・赤消灯:充電完了

 

❗iPhoneはaptXやaptX LLには非対応ということをご承知ください。
❗デバイス両方がaptX LLあるいはaptXコーデックに対応していないと、aptX LLあるいはaptXコーデックで流れることはできませんのでご注意ください。
❗一部のBoseやBeatsのBluetooth製品と相性が悪くて、音量調整できない可能性があることを、予めご了承ください。
❗Bluetooth無線通信技術は完全に遅延を解消しかねますので、専門的用途(ピアノ演奏など)に関しても多少のタイムラグが発生いたします。予めご了承ください。
❗充電しながら使用する場合、充電器よりの電流の影響を受け、再生中の音楽が中断したりノイズの原因となります。